【キッザニア東京】超人気アクティビティの「ハイチュウ」を体験してきた!

【キッザニア東京】超人気アクティビティの「ハイチュウ」を体験してきた!
LINEで送る
Pocket

我が家は娘が3才のときから、年1でギッザニアに行っている。
ヘビー、ではないけれど、娘も6才になると、それなりに経験者だ。

で、今回は禁断の扉を開こうと思う。
ギイイイーーー、バタン
「はぁいちゅうーーーーー」ということで、開場と同時に予約がいっぱいになり、すぐに受付終了となる、森永の「ハイチュウ工場」へついに挑むことにした。

これまでは、敬遠してきたわけです。
だって、9:00開場で、これまでは9:00ちょうどくらいに到着してきたけれど、入場してダッシュで行っても、常に当日の予約受付は終了という看板。

(ギッザニアは、ディズニーのファストパスのように、1つだけ予約が取れる。予約した時間が過ぎるまで、新しい予約はとれない。
なので、人気のアトラクションを予約して、次に行きたいものに並ぶ、というようなことをする)

ハイチュウ、、なのに??と言ったら失礼になるけどハイチュウっすよハイチュウ。
コネコネして伸ばして切るだけだと思うんだけど。。

とはいえ、まずは体験に成功しなくてはその謎も解けない。

そのためには、現地でチケットを買う手間は避けたいし、万が一満員で入れないのもいやなので、ウェブでチケットをあらかじめ購入した。

そして当日。
まずは最初のハードル、起床、です。笑
計画した現地到着は7:30。 7:40から受付を開始する、というんだから仕方ない。入場整理券を配布するとのこと。
そして、家からの車のルート検索では1時間強とでた。
ということは、首都高で渋滞に巻き込まれるので、1時間ほど余裕を持つと、、
5:30に出発?!
まぁ、がんばって5:00に起きて支度して、5:30に出発しました。

そして、予定通り軽い渋滞にあいながら、7:20に、現地に到着。拍手喝さいもののスケジューリングです。
まだ開いていないこの時間は、実際に会場のある階ではなく、1Fの会場へ続くエスカレーターがある場所に並ぶことになる。

入口はまだシャッターが閉まっている

7:30の時点で、すでに並ぶ場所はこんな行列。ディズニーのときみたいに敷物まで敷いている人も。いそいそと私たちも並ぶ。
そして7:40の受付開始でもらったチケットは、、

62!
微妙!なのか?!わからん!けれども、早い気がする。

そして、開場までの時間、4階にあるギッザニアまでエスカレーターで登り、その前で整理券番号順に待つことになる。
時間が、もったいない

整理券番号順に待ちます。一番奥が入口です

子供たちはきゃっほきゃっほはしゃいでるので、まぁ、いいか。携帯をいじるのもどうかと思うので、ほぼ瞑想状態。ねちゃうよ。
しかも、トイレに入ったが電気がつかなかったし。真っ暗です。
それは節電しないでつけてくれよ、と思っていたら、係りの人が「調べてます!別のトイレ使ってください」と言っていた。ですよね。

さて、いよいよ時間。
順番がきて入ったら、そのまま予約をするために、森永のブースへ一直線。よし、前から2列目あたりに並べた!
するとみるみる列はふくれあがり、、

予約待ちの列とそれを取り囲む親で大渋滞

こんな大渋滞に。。
そして、とれた予約は10:50からとのこと。
最初の回が9:30からなので、3クール目かな?

ひとまず予約が取れたので、一安心。
ほかのアクティビティに参加しながら時間をつぶす。

そしていよいよ、、さぁ、ハイチュウだ!!

ハイチュウは、森永コスプレして中に入ったら、消毒、工程説明、棒状にこねる、機械に入れる、一口サイズに裁断される、機械で内装する、オリジナルの箱に入れる、シールで箱をデコる、という流れ。

なにやら、粘土のようです。
6歳のムスメと一緒に参加した、3歳のムスコも楽しそう。

キッズが棒状にしたハイチュウを係りの人が機械に入れるところ
機械に入れたハイチュウが粒に裁断されて出てきたところ
内装されて出てきたハイチュウ
内装されたものを外装に梱包しましょ、という説明を受けている
梱包した後、各自がシールでデコれる

完成!4個ずつ、2パックに分けて持って来ました。

右下のモザイク箇所に子供の名前をいれてくれる

パッケージの注意書きにもあるように、普通のより一粒がでかい。
出来たての味はというと、、
市販のよりやわらかいー。市販のよりおいしいー。

キッザニア東京ハイチュウ体験でつくったハイチュウ。通常より大きいのは明らか。さらにできたては、柔らかかった。

けど、当たり前だけど、ハイチュウの味。。
私、甘さが強いのがそんなに得意じゃなかったりする。

あと、ハイチュウを中心に動くことになり、予約をした後の時間、そしてハイチュウ参加後の行動も、かなり制限されます。

キッズと、嫁さんはごきげんでした。

【結論】
・土曜日、現地に7:30に到着して、開園から早歩きで並んでも10:50の回になる。
・キッズは大好き
・出来立てでやらわらかいけれど、味はもちろんハイチュウ
・「ハイチュウに参加して、ほかのアクティビティも満喫するぞ!」と意気込んで参加したがやはり、思うようにほかのアクティビティに参加できない(混み具合による)
・思うようにはほかのアクティビティに参加できないが、ファッションショーなど人気のものに参加できたので、ちゃんとキッザニアは楽しめる
・嫁とキッズは(私にはよくわからないくらい)満足するので、おすすめ

LINEで送る
Pocket

日々なんとなくカテゴリの最新記事