【キッザニア東京】初めて行くときにこれだけは知っておきたい!楽しむためのテクニック

【キッザニア東京】初めて行くときにこれだけは知っておきたい!楽しむためのテクニック
LINEで送る
Pocket

「キッザニア東京」に初めて行ってみよう!
となったとき、その奥深さにだれもが驚くと思います。
今回は「思った以上に○○」という形で、そのポイントと、対策をお伝えします。

◆思った以上に「イベント日がある」
園児限定の日、小学生と中学生の日、などいろいろなイベントの日がある。
英語での会話のみの日、なんていうのも。
もちろん、それ狙いで参加する分にはよいが、行ってみたら、、なんてことにならないように、準備が必要だ。

☆ホームページでイベントスケジュールを確認しよう
イベントカレンダーをホームページで見ることができる。
また、イベントの種類も。
そこであらかじめ確認してから、いつ、どの時間帯に行くかを決めよう。

◆思った以上に「混んでいる」
朝の開園は9:00だが、7:40には整理券が配られる。そして、そのころにはかなりの待ちの列ができている。
そしてテーマパーク内はかなりの混雑。
もちろん、夏休み中だったり、三連休だったり、偶然その日が、なんていうこともあるだろうが、
これまで土日で行っている私の感想としては、週末はかなり混んでいます。

☆ホームページでWeb予約をしよう
事前にWeb予約をすることで、ゲートを入るときにチケットを購入する手間をはぶきましょう。
そのときに、各日程の混み具合も○、△、×で確認できます。
空いている日を狙って予約することも可能です。平日がやはりねらい目のようです。

◆思った以上に「回れない」
90近いアクティビティが1階と2階のフロアに所狭しと存在している。
そして、アクティビティは、並び、参加するのに45分くらいはかかってしまう。
実際に参加するとわかるが、一日に6つくらいが限界だ。

☆事前に何に参加したいか決めてから参加しよう
「アクティビティ」と「シティマップ」を予習して、優先順位をつけて7つほど、あげておきましょう。
必ず行きたいものを2つ、行ってみたいものを5つくらいピックアップしておきます。
自分たちの行きたいものはほかの人も行きたいので、なかなか予定通り回れません。
いざというときに予習しておきます。

そして、当日は「ジョブカード」と「インフォメーションボード」を駆使して楽しみます。

「ジョブカード」はアクティビティへ参加するときにかならず必要になるものです。参加するときはこれをアクティビティのスタッフへ渡して、参加記録をつけてもらいます。
と、同時に予約するときにも使用します。ここでいう「予約」とは、ディズニーランドのファストパスのようなものです。
一度予約したらそれに参加するまで、次の予約はとれません。

人気の高いものは開園と同時に長蛇の列ができ、あっという間に全開催回の予約が埋まってしまうこともあります。
なので、開園と同時に、1番参加したいものの予約をとり、その足で2番目に参加したいアクティビティへいくと良いでしょう。

「インフォメーションボード」は各アクティビティに設置されている、待ち時間のわかるボードです。
予約までの空き時間や、すぐに参加できるものに出たい、というときなど参考にすることができます。

公式ホームページの「120%楽しむために」がとっても参考になります。
http://www.kidzania.jp/tokyo/guide/method/

このほか、公式ホームページには楽しむためのヒントがたくさんあります。
なかなかないタイプのテーマパークなので、アドバイスにも余念がありません。
ぜひ、参考にしてみてください!

LINEで送る
Pocket

日々なんとなくカテゴリの最新記事