梅が丘駅徒歩10分×「ボノボ」渡り蟹の身も浮かぶ濃厚ダシスープ『渡り蟹のつけ麺』

梅が丘駅徒歩10分×「ボノボ」渡り蟹の身も浮かぶ濃厚ダシスープ『渡り蟹のつけ麺』
LINEで送る
Pocket

■梅ヶ丘の地元で愛される個性派ラーメン店みっけ

出張先で足で見つけたラーメンというのは、嬉しいもので、ここもそれです。
と言っても、入る前に一応前情報があれば見ておきたいもの。
おお、なかなか美味しそうな意見が多数。

ということで、行ってきました。


土曜11:00、開店直後に入ります。すでに1名のお客さんがいましたが、すぐにすわれました。
ただ、30分後にはほぼ満席になっていたので、人気店なんですね。
入口で食券を購入します。

■バラエティ豊かにそれぞれで光る、個性溢れるラーメン

通常なら、オーソドックスなラーメンを頼むのですが、カニ好きなことと、一緒に来店した人がオーソドックスなラーメンを頼むと言うことで、カニの使われたラーメンを注文。
「渡り蟹のつけ麺(冷盛)880円(税込)」
10分弱ほどできました。

おー、豊かにカニ香る。。
スープをすくうと、カニの身がふわふわです。すすると、うん、カニですなー。うまい。


イヤなクセもなく、優しい風味で、磯の香り強め、という感じです。おいしいです。
するすると食べられちゃいます♪

チャーシューはともすれば箸から崩れ落ちるようなホロホロとろり。いい感じです。
メンマは好みの、穂先メンマです。歯ごたえと柔らかさを併せ持った、美味でした。

一方、一緒に来た人のラーメンも味見させてもらっちゃいました。
これ、嫌がる人いますよね。でも、なかなか来れない場所だし―、、ごめんなさい♪
「魚介豚骨 780円(税込)」



いい感じにブシの効いたスープで濃い香り。透き通ったスープ。脂っこくなく、美味しいです。
こちらは変わって、濃厚です。
いわゆるドロドロスープと言ってしまえばそれまでとなりますが、期待を裏切らない美味しさでした。

他にもいろいろなスープがあり、それぞれに同じくらいの情熱が注がれているんだろうなぁ、と考えると、食べてみたくなっちゃいます。
また、機会あったら来たいです。

おいしかったです。
ごちそうさまでした。

訪問:2017/11

 

ボノボ
TEL:03-3428-8837
住所:東京都世田谷区梅丘1-22-12
アクセス:小田急線「梅ヶ丘」駅 徒歩1分
営業時間:[月~金]12:00~25:00、[土]11:00~25:00、[日・祝]11:00~24:00
定休日:無休(年末年始お盆を除く)

 

LINEで送る
Pocket

カズ・ミシュランカテゴリの最新記事