仙台駅で牛タンの陰に隠れた滋味あふれる鍋料理「せり鍋 牛たん焼き 田なか屋本店 別館」

仙台駅で牛タンの陰に隠れた滋味あふれる鍋料理「せり鍋 牛たん焼き 田なか屋本店 別館」
LINEで送る
Pocket

希望するお店をネットから予約

東京の仲間と旅の宴を仙台で、と店を探していた。牛タンはベーシックだけど捨てがたいなぁ、三陸の魚もいいよなぁ、と。
すると、あまり聞きなれない料理を発見。「せり鍋」。これは、今はやらせようととしているものなのだろうか。調べてみるとそこまで出している店が多いわけではないが、チラチラと目にすることはできる。

じゃあ、試しに食べてみたい!

ということで、お店を予約した。

「せり鍋 牛たん焼き 田なか屋本店 別館」。

本館は、モツ鍋のお店で、このモツ鍋になると取扱店舗が一気に増える。仙台はモツの町だっけ。。

とにかく、この店なら、牛タンも楽しめる。そして、決定。

【せり鍋コース】120分〔飲放付〕4,000円→3500円+500円で牛タンも堪能!

※ぐるなびクーポンを使用。2017年1月末の料金です。

【前 菜】 長芋の梅風味漬け

 

【サラダ】 冬野菜のサラダ

 

【海 鮮】 旬魚のカルパッチョ

【揚 物】 鰈の唐揚げ(あった。食べた。写真撮り忘れた)

【オプション】牛タン焼き

このボリューム、周りがカリカリでなかはシットリ。やはり、仙台では間違いないですね。

そして、ここで期待の〜、

【 鍋 】 仙台名物せり鍋

うおお、すごい「草感」!テンション上がる!ちなみに鍋にはすでに、鴨肉など入っている。先にそれらを食べきってから、つみれを茹でて食べ、草を投入するとのこと。

これが、うまい。そもそも、セリが好きなのではあるが、クセが少なく、でも土の香りを感じるセリ鍋に仕上がっている。歯ごたえシャクシャク。カモやらツミレやらのいい出汁を吸っているのだ。草だらけなのに(謎の偏見)、うまい!

【 〆 】 田舎そば

そして、締めのそばも最高だった。東北は言わずと知れた蕎麦どころ。信州とは違った、歯ごたえ強め、香り強めなそばが、クセのあるツユによく似合っていた。

【甘 味】 季節の水菓子

は、小さめの雪見だいふくだった。締めにぴったりの、冷たくて甘いお菓子です。

大満足の一夜でした。セリ鍋最高!

 

せり鍋 牛たん焼き 田なか屋本店 別館
住所 宮城県仙台市青葉区中央2-11-26 ドーミーイン仙台2F

050-5784-0363

希望するお店をネットから予約

LINEで送る
Pocket

カズ・ミシュランカテゴリの最新記事