「もちもち焼酎レーズンサンド」の生地のモチモチ感はハンパない

「もちもち焼酎レーズンサンド」の生地のモチモチ感はハンパない
LINEで送る
Pocket

熊本出張の家族土産、という口実の自分へのお土産に、「もちもち焼酎レーズンサンド」(熊本菓房)を買った。

熊本といえばコメ焼酎、ということで「白岳しろ」に漬け込んだレーズンが使われている。

もともと、レーズンサンドが大好きなので「こっこれは!」と購入を決意した。


こちらは、4個入りのパッケージ。

開封して出すと、小さめな生クリームどら焼きのような感じ。そりゃそうか。

半分に切ってみると、、

もっちりして、生地が沈み込んだ!

味はというと、かなり歯ごたえは、もっちり。

レーズンバターサンドはラム酒につけたレーズンという先入観が口の中に残ってるためか、個性のとんがりがなく、レーズンの甘さがまろやかで優しい口当たりに感じる。

バターの濃厚さは残っているので食べごたえがある。

焼酎と書いてあるからウイスキーボンボンのようなアルコール感を想像しましたが、お酒がダメでも楽しめる味になっていました。

ごちそうさまでした。

LINEで送る
Pocket

カズ・ミシュランカテゴリの最新記事